【ニューヨーク不動産最前線】 マンハッタンの事故リスク

【ニューヨーク不動産最前線】
マンハッタンの事故リスク




昨日、市内のコンドミニアムで事故がありました。建物の外壁の定期点検のための足場が崩れて、下敷きになった人が1名なくなりました。そのほかにも3人怪我人が出たようです。実はこのような事故は結構頻繁に起こります。
マンハッタンは古いビルが多くおまけに高層で、上から何かが落ちてくる危険性大です。小さな外壁の破片であっても、上空から落ちてきて下を歩いている人や物に当たると大変です。そのため、NYCでは10〜15年ごとに定期的に外壁の点検と補修を義務付けています。ニューヨークは、夏はサンダーストームが多くかなり激しい雨が降るし、冬は雪も積もります。建物の傷みも早いのでしょう。
建物が密集しているマンハッタンでは、常にどこかのビルでこの外壁点検をしています。点検のための足場を組んで建物全部の外壁チェックをするのですが、建物が大きい場合は、ワンブロック全部がまるで商店街のアーケードのように長い足場に囲まれる場合もあります。新築物件の工事現場はもちろん、定期点検のための足場でも、道を歩いているだけでは工事現場と変わらない物々しさで、両方合わせると、実はマンハッタン中至る所が足場だらけなのです。
いつもこれが崩れたら怖いなあと思いながらも、雨の日なんかは傘をささずに歩けるし、結構便利な場合もあったりしてつい忘れがちですが、こういう事故があるたびに、やっぱり今度から避けて通ろうと思います。が、つい時間が経つと時間を優先で、わざわざ避けて通るのが億劫になってしまいます。現実は足場が多すぎて、これを避けて目的地に行くというのはほんの数ブロックでも難しいところです。
空気の悪さと騒音とともに、足場関連の事故の危険は、マンハッタンで生活するうえでは今のところ共存していかざるをえないもののようです。

Comments

Popular posts from this blog

【ニューヨーク不動産最前線】 法改正により 「第三者機関の保証人制度」が注目

ニューヨーク市の人口と面積

【ニューヨーク不動産最前線】 不動産業界が活動再開