Posts

Showing posts from February, 2016

14 Street BAOHAUS

Image
先日、14 StreetにあるBAOHAUSに行ってきました。
なぜここに来ようと思ったかというと、現在テレビで放送中の、アメリカへ移住してきたばかりの移民コメディードラマ「Fresh Off the Boat」の元になった本の著者が、もともとこのレストランのオーナーであるということを聞いたからです。
著者のエディー・ハンは、台湾人の両親の元、アメリカのワシントンDCで生まれました。 そんなエディーが、見た目はアジア人でありながらアメリカで生まれ育ち、自分のアイデンティティーについて葛藤した少年時代の内容です。
まだドラマは見ていていませんが、興味があったのでいろいろ調べているうちに、BAOHAUSにたどり着きました。
BAO(台湾風のポークバン)がメインの小さなお店で、内装はカジュアルなストリート感満載でした。





私たちは、BAO3種類と好きなサイドを選べる、$15のセットをそれぞれ注文しました。
ポーク、チキンと魚のBAOを選んで、それぞれサイドはタロイモのポテトとバンのフライを選びました。


見た目はキレイでおいしそうな感じ。
そしてお味は、、、、。
おいしかったです!それぞれのBAOが違う味付けなのですが、それぞれにマッチしていました。 サイドもおいしく、ボリュームもあり、満足でした。
一見、入りづらい内装ですが、スタッフのサービスもよく、また行きたいと思いました。
場所は14Streetの2ndAvenueと 3rd Avenue間です。 近くに行くことがあれば、是非お試しください。
http://www.baohausnyc.com/


住友不動産販売ニューヨーク サハーイ

www.sumitomo-ny.com

地下鉄での居眠り禁止

Image
つい先日、ニューヨーク市警察のウィリアム・ブラットン長官は「地下鉄で居眠りをすると、これからは警察が起こします。」と発表しました。







これは、地下鉄で寝ている間に所持品を盗まれる被害者が多いため、それを防止するためだということです。

ウィリアム・ブラットン長官は「地下鉄は寝るための場所ではない。」とし、「多くの人はよく働き、疲れているのはわかっているが、警官は寝ている人々を起こします。」としました。

地下鉄の犯罪を少なくするため、今までデスクワークをしていた警官も含め、市警官のパトロールを増やすようです。



私自身も、よく地下鉄で寝てしまうのですが、警官に起こしてもらうことによって、事前に盗難などを防ぐことが出来るのであれば、いいのかもしれませんが、寝ていていきなり体格のいい警官に起こされるとびっくりしそうですね。

そして同時に、24時間運行している地下鉄に住み着くホームレスを取り締まる、という意図もあるのでは??と思いました。

http://www.amny.com/transit/new-strategy-will-target-subway-crime-spike-nypd-s-bratton-says-1.11426745



住友不動産販売ニューヨーク
サハーイ


www.sumitomo-ny.com