Posts

Showing posts from April, 2014

スパウィーク2014

Image
皆さんは現在開催中の「スパウィーク」をご存知でしょうか。
ニューヨークのレストランウィークはご存知の方が多いかと思いますが、スパウィークはご存じない方が多いかも知れません。 あまり知られていないので、最近始まったイベントだと思っていたのですが、実は第一回目のスパウィークは2004年でした。
このイベントの目的は通常は何百ドルもするようなサロンやスパのサービスを、より多くの人に50ドルで提供することです。スパウィークにより、サロンやスパに行くのはごく少数のお金持ちをいうイメージを拭い、業界のイメージを変え、より受け入れられやすい健康なライフスタイルを確立することを目指しているということです。
http://www.spaweek.com/
この機会を利用し、折角なので私はネイルサロンに行ってきました。 ニューヨークにはネイルサロンがあふれかえっていて、スターバックスと同じくらいの数があるような気がします。



日本のネイルサロンと違い、そのほとんどがシンプルなマニキュアのサービスを主にしています。 お値段は、20ドルからと安いのですが、日本のような凝ったデザインやジェルなどは流行っていないようです。 そこで、数少ない日系のネイルサロン「Yukie Beauty Spa」に行ってきました。 今回は通常80ドルの「ジェルフレンチ」または「ジェルグラデーション」、通常60ドルの「ジェルカラーリング」と「スワロフスキー・ラインストーンアート」1本がそれそれ50ドルで施術していただけます。 場所はマンハッタンの58ストリートのマディソンアヴェニューとパークアヴェニューの間というとてもいい立地にありました。 (いわゆる5番街のショッピングエリアです) 2階にあったので、初めは迷ってしまったのですが、なんとか見つけられ、時間通りに付くことができました。



中にはいるとシャンデリアもあり、高級感たっぷりでした。

初めに待っている間に、好きな色を選びいざはじまると、ネイリストさんと楽しくお話をしている間に、あっという間に完成していました。


写真では少し見にくいかもしれませんが、派手すぎず上品なネイルが仕上がり、とっても満足です。 私にとってネイルはジュエリーと同じで、しっかりときれいにしていると気分が上がり、頑張るぞ!という気になるので、このネイルを見ながら、また仕事を頑張ろうと思います。
スパウィーク2014は今週の日曜(…

ニューヨークオフィス市場トレンド

空室率は8.3%にダウン
2014年度第1四半期も終えたところで、CoStar’s First Quarter 2014 Market Reportを元に現在のニューヨーク市のオフィス市場についてお話しします。
ご存知のように、ニューヨークのオフィス市場は空室率が非常に低いのが特徴で、今四半期は8.3%の空室率で終えました。空室率の変化をより詳しく比較するために使われる数値がnet absorption=ネット吸収です。ネット吸収とは、簡単に言うと一定の期間内の空室スペースの変化を入居の観点から+-で計った数値です。すなわち、ネット吸収が増えれば入室率が高まり、空室率が下がるということです。
今四半期は、ネット吸収総計が763,061 sf+となり、空室率は前四半期より減少しました。2013年度第4四半期のネット吸収が336,794 sf-だったことと比較すると、この四半期に空室率が下がったことがことがよくわかります。 ネット吸収にはサブリーススペースは反映されないのですが、今四半期のサブリースの空室率も減少し、現在市場にあるサブリーススペースは4,119,629 sfです。
2014年に大きなスペースへ移転するテナントは、250 W 55th Streetの217,519 sfへ移転するモリソン・フェルスター、Eleven Times Squareの205,462 sfへ移転するマイクロソフト、1290 Avenue of the Americasの148,421 sfに移転するモルガン・スタンレー等があります。 賃料は、54.55ドル平均で終え、前四半期より上昇しました。 8,228,742 sfが、まだ工事中です。
この傾向は、全米のオフィス空室率にも見られ、前四半期から11.5%減少し、ネット吸収が21,680,000 sf+でした。 平均賃料は22.17ドルにまで増加し、321件の建物から合計16,100,000 sf以上のスペースが市場に出されました。 平均賃料一つ比べても、NYは全米平均の約2.5倍で、NYでオフィスを持つことは大変ですが、人気は衰えることを知らず空室率は下がる一方です。NYでオフィスをお探しの皆様、是非、弊社の商業部へお問合せください。信用と実績を持つ商業部チームが様々な角度から総合的にサポート致します。また、弊社レンタルオフィスサービス、Execu…

纽约第一家Pop-up猫咪咖啡店

Image
在韩国非常有名的猫咪咖啡店,将在纽约开始第一家pop-up店。这家店名叫Purina ONE Cat Cafe,位于168 Bowey Street。 很多人可能不知道什么是cat cafe,这在韩国和日本都非常流行,来咖啡店的客人可以和店里养着的猫咪亲密接触~这种概念店缘起于日本和欧洲,现在许多猫咪爱好者模仿这个概念在San FranciscoOaklandPortlandLAVancouver, and Toronto开了很多类似的猫咪咖啡店。这一家Purina ONE Cat Cafe是纽约的第一家既可以喝咖啡、又可以和猫咪玩耍的店哦~
这家咖啡店只开4天,从4月24号到4月27号。店里的猫咪还可以领养!店中的咖啡则是由布鲁克林一家咖啡商提供。养猫爱好者可以去体验一下咯~



By Sylvia Zhang Sumitomo SIR

大人気のメキシカンレストランChipotle

Image
ニューヨークには多くのチェーンレストランが存在していますが、その中でもお手頃で美味しいメキシカンレストランChipotle(チポートレ)は私のお気に入りでもあり、大人気のレストランです。
レストランとはいっても、自分で注文に行き、お金を払ってから席に持っていくのですが、お料理の質はいいので、レストランとファーストフードの間のようなものと考えていただければいいかと思います。 Chipoleは1993年にアメリカのデンバーで1店舗目をオープンして依頼、順調に店舗数を増やし、マクドナルドがインベスターとなった1998年には16店舗までに増え、2006年には500店舗以上に笛、現在はイギリス、カナダ、ドイツ、フランスを含め、1500店舗以上にまで成長しました。



http://www.chipotle.com/en-US/
食べ物にも気を使っていて、使用している鶏肉、豚肉、牛肉は放し飼いの健康に育てられたもののみを使うなど、人々の健康を考えた食材を使用しています。 気になるメニューは5種類有り、始めに5種類の中からどれにするかを選び、その後順々に中身に何を入れたいか伝え、その場で作ってもらえるシステムです。

お肉やライス、トルティーヤはしっかり暖かく、野菜類はフレッシュでそのコンビネーションは最高です。 注文するたびに、その場で自分の好みの具材で作ってくれるので、自分流にアレンジするのが大好きなアメリカ人にはぴったりですね。
しかも、お肉を焼いたり、サルサソースやワカモレもお店ごとに作っているそうです! さらに、先日、Chipotleのドキュメンタリーを見たのですが、創業者のスティーブエルスはこれだけ大きなチェーンレストランとなった今も、頻繁に店舗を回り、スタッフとコミュニケーションを取り、味もしっかりとチェックしているそうです。 また、Chipotleのもう一つの人気の理由は内装にあると思います。 多くの店舗の内装は、木、メタル、スチールなどでできていて、デザインもとてもユニークです。




お値段は8ドル前後に飲み物を買って消費税がかかると10ドルほどしてしまうので、自分で買って自分で席に着くようなレストランとしては少し高めですが、味は美味しいですし、食材にもこだわっているので、私も何度もリピートしています。

NYのドアマン達のストライキによる影響

Image
今現在およそ30,000人のニューヨークのドアマン、管理人などが所属する労働組合の4年間の契約が切れ、交渉に入っています。
新しい労働条件の交渉が今月20日の夜12時までに合意されなかった場合、ドアマン達はストライキに入るので、アパートに住まれている方は自分でドアを開けなければいけなかったり、いろいろな影響がでます。 こういった影響を受けるであろう皆さんが、知っておくべきことをまとめてみました。
*まずは混乱しないこと *4月21日にストライキにはいることになる前に、ビルのマネジメントから説明があるべき *新しいビルの住人用のIDカードを発行し、新しく雇われたセキュリティーの人がロビーでそのIDを確認する *サービスエレベーターは閉まる可能性が高い *通常各階のトラッシュシュートに入れているごみを、道路わきまで持ってこないといけない *住人用のIDカードを持っていない、ドックウォーカー、ハウスキーパーやその他の訪問客は訪問先の住人がいない限り入ることができない *ストライキの間に引越しを考えているのであれば、家具を運ぶエレベーターが使えないなど困る点が多くある *ストライキの間に通常受けられるサービスが受けられないとしても、ストライキはビルの責任ではないのでその時だけ家賃が安くなるなどといったことはない
などなど、どうなるか行方はわかりませんが、ドアマン等のいるビルに住んでいる方達は心の準備が必要なようです。

住友不動産販売ニューヨーク サハーイ明香

2013年纽约市建设高速增长

Image
2013年建筑业的就业率达到了5年内的最高点,其中住宅建筑类的就业率更是达到了10年最高点。总体上,去年建设投资额为29亿美金,相比12年的277亿美金上涨了6%。其中住宅建设投资由前年的53亿美金上涨到今年的73亿美金,增幅36%。

政府投资建设也相应有一定幅度的增加,从之前的134亿美金上升到137亿美金。用于公共交通、公立学校、道路、桥梁和其他基础设施的开销也达到163亿美金。

就业岗位增长到120900个,增长率为4%,其中建设类就业岗位为11600个。但比起2008年(危机之前)的132625个就业岗位,2013年的就业情况还是有一点差距。

同时,非住宅类建设的投资从12年的940亿美金下降到13年的840亿美金,下降率为6.9%。非住宅类投资已经连续3年下跌。


By Sylvia Zhang
Sumitomo International Realty
Sumitomo Real Estate Sales
800 2nd Ave #300
New York, NY 10017
Tel: 212-596-0853

ビッグエッグハント in NY

Image
日々少しずつ気温が上がり、陽射しも春の陽射しになってきたこのごろのニューヨーク。
街中のいたるところで、エッグやバニー等のイースターのウインドウディスプレイや商品を目にします。



そんな中、イベント好きのニューヨーカーが集まるここニューヨークでは4/1から、ビッグエッグハントというイベントがスタートしました。
http://thebigegghunt.org/
このイベントはその名の通り、大きな卵を探すのですが、なんと200個以上のおよそ76センチの大きな卵がニューヨークのいたるところに隠れているということです。



そのエッグを探すための携帯用のアプリもあり、見つけるたびに「チェックイン」とすることができます。 それぞれのエッグは有名なアーティスト、写真家、建築家、デザイナーやブランドによってデザインされ、17日までのエッグハントが終了すると1箇所に集められ、22日からサザビーズのオークションを通じて購入可能だということです。 デザインをしたのは、ブルースウェーバー、テリーリチャードソン、ラルフローレン、トミーヒルフィガー、マーサスチュワートなど錚錚たるメンバーが揃っています。 そして、その売り上げは全てニューヨークのビジュアルアートの学校と絶滅寸前のアジアゾウを保護する団体に寄付されます。 私は特に探そうと思っていたわけではないのですが、仕事の帰りに偶然グランドセントラルの駅で1つエッグを発見しました。



ニューヨークでは常にいろいろなイベントが行われていますが、こういったイベントを通じてアートに触れ合ったり、またそれがゆくゆくはチャリティーに繋がり、なおかつイベント自体も楽しめるというすばらしい企画だと思います。
今週末は暖かくなりそうなので、私もビッグエッグハントに出掛けようと思います。
住友不動産販売ニューヨーク サハーイ明香

パリNo.1のクロワッサンをNYで

Image
NYアッパーイースト74丁目 #3 “メゾン・カイザー” ニューヨークマンハッタンに住む最大の魅力の1つが、世界の一流のものがすぐそこにあるということです。
今日、ご紹介したいのが、マンハッタン3番街の74丁目と75丁目の間に位置しているメゾン・カイザーというベーカリー&カフェレストラン。パリでNo.1のクロワッサンと評価を受けて世界的に有名になったエリック・カイザーというBaker(パン焼職人)のお店です。日本でも20店舗以上展開している有名店なので、ご存知の方も多いと思います。


1996年にメゾンカイザー1号店をパリにオープンして以来、ヨーロッパ、中東、アジアの各地に出店してきましたが、このニューヨークアッパーイースト店が彼の米国第1号店。満を持して2012年8月にオープン以来、待ちに待った人たちの大行列で、優雅にブランチができるようになるまではしばらくかかりました。





こんなにもメゾンカイザーが人気なのは、本物のフランスのパンを味わえること。思えば、初めてパリを旅行したときに感動したのが食べ物の美味しさで、 とりわけ、パンの美味しさにはびっくりしたものでした。それまで食べていたクロワッサンは何だったんだろうと思うくらいに!バゲットもサンドイッチもどのパン も美味しかった。

















よく国によって独特の匂いがあると言われますが、私がロンドンからユーロスター(英仏海峡トンネルを通る国際列車)で初めてパリのホームに降り立ったとき、パンの焼ける香ばしい甘い匂いがしたのが忘れられません。ちなみに帰路のユーロスターのクロワッサンにも感動!!乗物の中で売ってるパンがこんなに美味しいなんて!

2015年完成予定のハドソン・ヤード

Image
ハドソンヤードは、2012年12月4日に最初のビル(273メートルの高さのオフィスビル)が南東の角で着工し、2015年には、完成予定とされています。

ハドソンヤードは、米国の歴史の中で最大の民間の不動産開発であり、ロックフェラーセンターセンター以来のニューヨークで最大の開発です。これは、2400万人以上の人が毎年ハドソンヤードを訪問することが予想されています。

ハドソン・ヤードは、ミッドタウンの既存のビジネス街の延長線上にあり、ニューヨーク市経済の将来を担う役割を果たすのに理想的な立地です。このプ ロジェクトにより、ハドソン・ヤードは、商業、住宅、文化や娯楽の中心へと生まれ変わり、大中小の開発が、ダイナミックな都市型の街を作り出します。

この開発地には、1700万平方フィートを超える商業と居住空間、5つの最先端のオフィスビル、100以上のショップ、20軒のレストラン、約 5000件の住宅、ユニークな文化空間、14エーカーが含まれる公共のオープンスペース、750席の公立学校とすべて比類のない設備が備わった150室の 高級ホテルができます。

そしてゾーニングの変更により、MTAは、7番ラインの地下鉄をこのエリアに延長します。7番の地下鉄は、現在の終点駅である7番街の41丁目から、更に西へと延び、住民、従業員とゲストへの容易な交通機関へのアクセスを提供します。

これまで、ミッドタウンに、十分なオフィス・スペースがなかったため、多くの大企業が、マンハッタンを離れ、他の場所へと移って行きましたが、ハド ソン・ヤードのゾーニングが変わることにより、あまり使われていなかった場所を、魅力ある場所に変化させるだけでなく、今後5年から20年にわたる商業の 拡大が可能なものになるようです。

ハドソン・ヤードのゾーニングの変更は、これから何十年にもわたり、ニューヨークが、国際的な経済都市として、更に発展できる土台作りとなる事でしょう。


住友不動産販売NY SIR部 岩月美江