Posts

Showing posts from December, 2012

NYCテニスリーグに参加!

Image
私は週末、NYC はQueens地区でテニスをしています。
この度一緒にテニスを楽しんでいるみんなでテニスチームを組み、USTA(United States Tennis Association)が主催している、NYCテニスリーグに参加する事になりました。私たちのチーム名はQATAR (Queens Area Tennis And Runningの略)です。テニス練習前に軽くランニングをするので、Runningも名前についているようです。メンバーは多種多様な人種、住んでいる場所もQueensが一番多いですが、その他Brooklyn、Manhattanに住んでいる人もおり、多様です。メンバーのテニスのレベルもすごく高いというわけではないので、一番レベルの低いリーグに参加する事になりました。12月~2月まで、月平均して3~4回くらい試合があり、その中で勝利数の一番多いチームが優勝するようです。試合の形式は、男女がペアを組むミックスダブルスです。ダブルスのペアを組む相手はキャプテンが決める事になっており、毎回相手は異なります。時期は冬ですので、試合はインドアで行われます。
この12月、私も2試合に参加してきました。1試合目はQueensのFlushing Medow Parkで行われました。US Opensが行われる場所です。私のペアの相手はシカゴ出身の大柄な30代半ばくらいの男性で、アンドリューといいます。対戦相手は、男性は50歳くらいの白人、女性はの40歳くらいの白人の方でした。試合前に対戦相手のチーム同士で軽く練習をしましたが、対戦相手の特に女性にミスが多く、これはいけるかなと感じました。案の定、スコアは6-3 6-2で私達の余裕の勝利でした。NYCテニス試合デビューにして初勝利だったので、とても嬉しかったです。
2試合目はManhattanとQueensの間に位置するRandall’s Islandという小さな島で行われました。今回のペアの相手は地元NYCはQueens出身の同じく30代半ばくらいの男性で、ダンといいます。ダンはまだテニスの経験が浅く、ファーストサーブもなかなか決める事が難しいようです。対戦相手は、男性は50歳くらいの白人、女性は40歳くらいの黒人の方でした。試合前の練習で、対戦相手の男性はサーブが強烈で、女性はラリーがなかなか粘り強く、結構試合が手こ…

Art and Real Estate Tango in Miami - マイアミでアートと不動産がタンゴする。

Image
た「THE Oneオーシャン・コンドミニアム」のイベントでは、銀行家および他のゲストがシャンパーンを交わしながら、近代ラテンアメリカの芸術家の絵画および彫刻を鑑賞しました。 少なくともゲスト数人が「THE Oneオーシャン・コンドミニアム」という5番ストリートのサウス・ビーチの海沿いから道を挟んだ場所にフロリダの不動産開発会社Related Groupが展開する50戸のコンドミニアム・プロジェクトの建築模型に関して尋ねました。Related Groupの創立者および会長であるJorge M. Pérez氏が「THE Oneオーシャン・コンドミニアム」にかかわった芸術家やデザイナーを賞賛し、マイアミの芸術および高額の不動産の間の境界線がどんどん狭まってきてい る、とスピーチしていました。現在不動産ブームが南フロリダで速度を増すとともに、開発事業のブランド作りと芸術家有名人とのコラボレーションは不動産開 発者の間のポピュラーなマーケティング戦術になっているようです。
そしてこうした「THE Oneオーシャン・コンドミニアム」のマーケティング戦術には効果があり、着工は次の秋まで予定されていないものの、10月に販売を始めたばかりにもかか わらず、もうわずか6戸しか残っていないとの事。そしてマイアミ・ビーチの海岸沿い北の開発物件と比較すると、これはバーゲンの様な価格で、1平方フィー ト当たり平均約1,500ドルとなっています。
アート・バーゼルの間、不動産業界では、アルゼンチンの不動産開発者アラン・ファエナの建築家ノーマン・フォスターとレム・クールハースによるデザ インの海辺に近いホテルの修復および分譲マンションや、Collinsと25丁目に以前あったSeville Hotelにマリオットと開発したIan Schrager氏のマイアミビーチ・エディションの分譲マンションに関する話題で奮闘していました。この全26戸のマイアミビーチ・エディションの分譲 マンションの価格は1平方フィート当たり平均3,000ドルとなっていて、Ian Schragerはこの物件に関し、マイアミの新開発物件の記録的な価格であると発表しています。
Ian Schrager氏がマイアミにニューヨーク価格を課す勇気があるのはマイアミの高級物件に対する最近数か月の需要の強さを示しています。
アート…

ハリソンフォードのNYCの物件が$15,000,000で売却!!

Image
「インディ・ジョーンズ」「スターウォーズ」で有名な俳優ハリソン・フォードのNYCチェルシーの物件が、約2年間マーケットに出た後、2012年 12月11日に売却されました。Chelsea Prairie (206 West 17th Street NYC)というコンドミニアムのペントハウスのお部屋で、4BR、広さは5,664SFとなっております。
アメリカはNew England地方をベースに活動しているバイヤーが購入したようです。マーケットには$16,000,000で出ておりましたが、交渉の結果$15,000,000で最終的に売却されました。
もともとハリソン・フォードはこちらのペントハウス4BRのお部屋を、2012年に$5,000,000で購入しました。その後彼はお部屋をゴージャスに リフォームいたしました。現在お部屋には図書室、ジム、オフィス、ランドリールームが設置されており、すぐ上の階にはプライベート・テラスがあります。ハ リソンフォードは俳優になる前に大工の仕事をしていて、現在でも日曜大工を趣味としているようですので、もしかしたら彼自身もお部屋のリフォーム作業に加 わったかもしれませんね。


$5,000,000で購入した物件を$15,000,000で売却した事で$10,000,000のキャピタルゲインを得たハリソン・フォード。お部屋の改造費もかなりの費用がかかったと予想されますが、
それを差し引いても相当額のキャピタルゲインを得たと予想されます。
(参考:TheNewYorkTimes 住友不動産販売ニューヨーク 金澤悦子)

マイアミでアートと不動産がタンゴする。

Image
Collinsアベニュー上の「THE Oneオーシャン・コンドミニアム」販売センターは、先週終了したアート・バーゼル(マイアミの現代芸術のフェア)にも合わせてアート・ギャラリーのようなプレゼンテーションをしました。UBSによってスポンサーされた「THE Oneオーシャン・コンドミニアム」のイベントでは、銀行家および他のゲストがシャンパーンを交わしながら、近代ラテンアメリカの芸術家の絵画および彫刻を鑑賞しました。
 少なくともゲスト数人が「THE Oneオーシャン・コンドミニアム」という5番ストリートのサウス・ビーチの海沿いから道を挟んだ場所にフロリダの不動産開発会社Related Groupが展開する50戸のコンドミニアム・プロジェクトの建築模型に関して尋ねました。Related Groupの創立者および会長であるJorge M. Pérez氏が「THE Oneオーシャン・コンドミニアム」にかかわった芸術家やデザイナーを賞賛し、マイアミの芸術および高額の不動産の間の境界線がどんどん狭まってきている、とスピーチしていました。現在不動産ブームが南フロリダで速度を増すとともに、開発事業のブランド作りと芸術家有名人とのコラボレーションは不動産開発者の間のポピュラーなマーケティング戦術になっているようです。
 そしてこうした「THE Oneオーシャン・コンドミニアム」のマーケティング戦術には効果があり、着工は次の秋まで予定されていないものの、10月に販売を始めたばかりにもかかわらず、もうわずか6戸しか残っていないとの事。そしてマイアミ・ビーチの海岸沿い北の開発物件と比較すると、これはバーゲンの様な価格で、1平方フィート当たり平均約1,500ドルとなっています。
 アート・バーゼルの間、不動産業界では、アルゼンチンの不動産開発者アラン・ファエナの建築家ノーマン・フォスターとレム・クールハースによるデザインの海辺に近いホテルの修復および分譲マンションや、Collinsと25丁目に以前あったSeville Hotelにマリオットと開発したIan Schrager氏のマイアミビーチ・エディションの分譲マンションに関する話題で奮闘していました。この全26戸のマイアミビーチ・エディションの分譲マンションの価格は1平方フィート当たり平均3,000ドルとなっていて、Ian Schragerはこの…

One of my favorite Illustrators

Image
Nancy Zhang, 张小溪, is one of the most famous Chinese illustrators well known by the fashion world. She graduated from Beijing Film Academy, and now lives in Germany.
Her signature creation is combining her taste in fashion with her cute painting style. Like most fashion girls, she likes to try different styles of clothes and teaches people how to do the match.  The interesting part is that she marks down every style by illustration. Each style is inspirited by art work, culture, history, religion symbol, or nature. Here are some of her creative works.
By Sylvia Zhang

イーストビレッジの風景

Image
イーストビレッジは日本人にとって馴染みのあるエリアであると思いますが、6番線のAstor Place駅の目の前に大きなビル(51 Astor Place) が建設中であることにお気付きの方は多いと思われます。数年前までこの3rd AveとAstor Placeの角はコーヒーショップがあり、ちょっとした憩いのスペースでしたが、あっという間に工事フェンスに囲まれてしまいました。Astor Placeの広場に面しているので、まさにこの街の顔になる建物です。
建物のガラスと御影石のファサードがようやく建ち始め、どことなく見たことのあるデザインだと気になっておりましたが、日本を代表する建築家の槇文彦氏の作品であることがわかりました。竣工は来年の秋頃でオフィスを中心とした構成になるそうです。
御存知のように槇文彦氏の設計したWTCタワー4の完成は来年に迫ってまいりました。2013年は槇氏にとってニューヨークで同時に2つの建造物が 完成するという記念する年となることでしょう。82歳という高齢にも係わらず精力的にお仕事に打ち込まれている姿は正に生涯現役という理想のかたちだと思 います。
彼の作品で一般的に知られているのは、東京の代官山プロジェクトです。70年代にヒルサイドテラスが出来たことにより代官山がおしゃれな街の象徴と なりました。このころから、オープンカフェという文化が日本でも始まったのではないでしょうか?旧山手通りに面する建物は40年以上経つ現在でも古さを感 じさせません。どことなく一歩引いた彼の建築スタイルは、ニューヨークの大都市にいかに溶け込むか、非常に楽しみです。
他のプロジェクトでニューヨークで見ることのできる日本人建築家の作品は、谷口吉生氏の近代美術館MoMA (11 West 53rd Street, New York, NY 10019)と妹島和世氏のNew Museum(235 Bowery New York, NY 10002)でしょう。どちらもディテールが美しく時間が経過しても古さを感じさせないデザインだと思います。
年間5000万人の観光客でにぎわうニューヨーク、世界中の人々に日本人の感性を建築物を通して味わっていただきたいと思います。
Soichiro Minami住友不動産販売NY

美国经济主要数据(转自Wind资讯)显示房市利好信息

Image
【美国主要经济数据及官员讲话(12月19日)】美国住房建筑业信心指数升至47高位,为自2006年4月以来所罕见,这意味着美国住房市场正加速 回暖。美国红皮书研究机构公布,美国12月15日当周红皮书商业零售销售同比上升2.4%。美国商务部公布,美国第三季度经常帐赤字收窄至1075.1亿 美元,创近两年来最低。
By Sylvia Zhang

LUNCH ?

Image
皆様、こんにちは。
サンクスギビングも終わり、今度はクリスマスに向けて、ニューヨーク全体がホリデーモードになってきましたね。 早いもので、今年もあと20日。皆様、2012年は、実りの多い年であった事と思います。 振り返れば、なんだかんだと、ほぼ毎日オフィスに行き、365日のうち、300日は、オフィスに顔を出していたように思います。
そのうち、お客様のお家見学やミーティングで、ランチを外でとった日、何か簡単な調理をしてランチを持ってきていた日、お弁当を注文した日以外は、近所で食事を調達していたという事になります。いったい毎日、何を食べていたのでしょう? ニューヨーク、特にマンハッタン地区のミッドタウンは、ちょっとしたスナックも高く、デリの量り売りのお惣菜で、1LB10ドルくらい、簡単なサンドイッチが8ドルくらい、スープが4ドル、きちんとテーブルについてランチをすると、カジュアルなチャイニーズのお店でチップ込みで12ドル、ラーメンでも15ドル、パスタは20ドルくらい、寿司ランチで30ドルくらいでしょうか。日本にいた頃は、東京の都心の綺麗なお店でも、「新鮮な海鮮ちらしセット」を1000円ぐらいで食べる事ができ、思い出して懐かしく思います。
特に、お昼は、仕事の間を抜けてきているので、あまりのんびりする事もできないし、かといって軽食だと、帰宅時までおなかがもちません。でもテーブル席に座って毎日20ドル使うのは不経済だし、SUBWAYのサンドイッチではちょっと物足りない・・そんなときに、良いお昼ご飯がある事を最近発見しました。 それは、カフェテリアのパスタです。 これは、見ている前で、希望の具を入れてくれて、フライパンで加熱してくれて、腹持ちも良く、味もわるくありません。これからデビューする方の為に、以下、注文方法を説明させていただきます。
パスタのご注文の仕方 ① まずは、パスタを4種類の中から、お選びください。 4種類のパスタ          ②お次は、ソースの種類をお選びください。   ソースの種類 ③たくさんある種類の中から3種類の野菜と1種類のお肉を選んでください。 パスタに入れる野菜とお肉類のトッピング          ④しばらくお待ちください、フライパンで調理します。 コンロの上で調理中

東京スカイツリーに登って来ました

Image