Posts

Showing posts from December, 2011

ニューヨークの超高級コンドミニアム

Image
やはり、ニューヨークのコンドミニアムは桁違いというニュースを。
12月5日に現在、セントラルパークサウスに建設中の超高層コンドミニアム「ONE57」の販売が開始されました。 「ONE57」は、1階~30階までがホテルとして、31階~90階はコンドミニアムとして使用されます。
まだ建築中ですが、完成すれば地上約306メートルで、マンハッタンで最も高いの住宅用のビルとなる予定です。 (※しかし、現在地上400メートルを越すコンドミニアムの建設プロジェクトが始まっているので、そのビルが完成する2016年には、トップの座が入れ替わる予定です。) この「ONE57」は、ドアマン、コンシェルジェ、フィットネスセンターはもちろん、シアタールーム、図書館、インドアスイミングプール、そして下層のホテルのサービスを使用でき、最高の設備を備えています。 しかし、なによりも驚くべきなのは、その価格です。 以下がその価格表です。

(※価格の単位は、100万ドル。1ドル80円換算で、100万ドル=8000万円)
現在、マンハッタンミッドタウンの1ベッドルームの中間値が$990,000で、セントラルパークサウスは、$1,950,000となっており、いかに高額かがわかると思います。
ディベロッパーである「Extell Development Company」のゲイリー・バーネット社長は 「高すぎる値段ではない。最高級のホテルサービスと最上の眺めを見ることが出来るのだから」とのコメント、 そして、実際に販売開始から1週間で、既に$45ミリオンの部屋を2件契約したとのこと。 実際の入居は2013年から始まるとのことですが、すでに世界中の投資家にとって注目の的になっている最高級コンドミニアム「ONE57」。
ホームページからその自慢の眺めを体験できるので、 是非、こちらをクリック!
(住友不動産販売NY 三橋健司)

アップルサイダー

冬に入り妙に暖かい日々が続いていたニューヨークですが、ここ数日でようやく本格的な寒さがやってきました。
寒くなると暖かい飲み物が飲みたくなりますが、ここニューヨークではアップルサイダーがお勧めです。アップルサイダーと言っても冷たい炭酸のリンゴ味のサイダーではなく、リンゴの温かい濃縮ジュースのことです。甘酸っぱくて飲みやすい上に、とても体が温まります。
ニューヨークのユニオンスクウェアではファーマーズ・マーケットが開催され、都市近郊の農家が農作物を売りにきています。そこで売られているアップルサイダーがとても美味しいです。農家の方の手作りのアップルサイダーなのでしょう、街のお店とかで売られているアップルサイダーよりもとても味が濃厚です。たまに舌が焼けるような熱いアップルサイダーもあり、飲むのに少し時間がかかる場合もありますが、体はとてもホカホカ温まります。
またファーマーズマーケットでは、アップルサイダーの他にアップルサイダードーナツというドーナツも売られています。こちらはリンゴ味のドーナツで、アップルサイダーととても相性がいいです。寒さの厳しい冬のニューヨークの青空の下、アップルサイダードーナツをほおばりながら熱々のアップルサイダーを飲むと、体も温まり元気が出て、またより美味しく感じられて幸せを感じてしまいます。
また下記、アップルサイダーのちょっとした知識です。こちらもとても美味しそうです。
「低温殺菌していないアップルサイダーは、自然発生した酵母が生きており、時間とともに発酵が起きます。保管しておくとサイダーは約1週間で僅かに炭酸ガスを発生し、やがて発酵により糖分がアルコールになり、ハードサイダーと呼ばれるようになります」
皆様もニューヨークにお越しの際は、ぜひ温かいアップルサイダーを味わってみて下さい。
(住友不動産販売ニューヨーク 金澤)

ニューヨークのカラオケ

先日、ニューヨークでカラオケに行ってきました。アメリカ人、中国人、日本人と国際色豊かなメンバーで行きました。全員が日本語を多少なりとも話せるメンバーです。日系のお店に行ったので、日本のカラオケのお店と変わりはなく、日本の歌も豊富にありました。
初めの段階では、みんな気を使ってアメリカの歌を歌っていましたが、段々馴染んでくると自国の歌を歌うようになりました。中国の歌は普段聞かないので知らない歌でしたが、発音がとてもユニークなので、聞いていても飽きることはありませんでした。
アメリカ人が歌う日本語の歌を聞いていてちょっと面白いと思った事がありました。日本人が英語の歌を歌う時、発音がわからない単語等があるとたまに「フフン」とか言ってごまかす場合がありますが、アメリカ人が日本語の歌を歌う時も同じで、読めない漢字等があると、同じく「フフン」とか言ってごまかしていました。
またさすがと思ったのがHIPHOPの曲です。たまに日本でエミネムとか、Jay-Zの曲をカラオケで歌う人がいますが、テンポが速い上に、大量の英語をリズムに合わせて歌うのは至難の技で、たいていの人は上手く歌えていません。しかしさすが英語のネイティブスピーカー、アメリカ人はリズムカルに原曲通りに歌っていました。生のHIPHOP、ちょっと感動してしまいました。
最後はみんなでThe Blue Heartsのリンダリンダを熱唱して、終わりました。名曲に国境はなく、みんなで大いに盛り上がりました。
(住友不動産販売ニューヨーク 金澤)

キャピタルゲイン税対策 【不動産売却時】

ニューヨークの不動産につきまして、不動産を売却した時に売却益が出た時にはキャピタルゲイン税が課せられます。その売却代金を使って代わりの物件を買うことで、この納税義務を避ける方法があります。米連邦税法の第1031条に規定される「Like-Kind Exchange(類似物件交換による課税免除法)」がそれに該当します。基本ルールは次の通りです。
①交換する旧物件と新物件が、共に投資用あるいは事業で利益を生むために所有される物件であること。自分の居住用住宅の売買には適用できない。
②旧物件と新物件とが「類似する種類」の資産であること。基本的には互いに不動産とみなされる資産であればすべて類似資産とみなされる。例えば、住居用物件と商業用店舗との交換でもよい。
③交換は同時でなくてもよいが、一定期間内に全ての取引が完了しないとこの税法は不適用となり、課税免除の効果を失う。具体的には旧物件の売却日から45日以内に交換する新物件を特定し、そして180日以内にその新物件が完了しなくてはならない。
④旧物件の売却から新物件の購入完了までの一連の取引は、特定の仲介業者が代行する。売却代金はその仲介業者が一時的に預かり、売主はこれに直接手をつけてはならない。
⑤旧物件の価格の方が新物件よりも高く、その結果売却代金の一部を実際に利益として受け取る場合には、その受け取りに対してのみ通常のキャピタルゲイン税の支払い義務が発生する。
上記のほかにもさまざまな状況に応じた規定があります。ニューヨークの不動産につきまして納税回避をお考えでしたら、住友不動産販売ニューヨークインクまでご相談下さい。 【参考文献USウィークリー・ビズDec/17/2011】
(住友不動産販売ニューヨーク 金澤)

億万長者、5番街のコープを34ミリオンで買う

Image
億万長者のロバート・バスが34ミリオン(3400万ドル=27億2000万円)で、834フィフスアベニュー・ビルディングのアパートを購入したことがニューヨーク・オブザーバー・レポートにより、報告された。
Robert Bass:ニューヨークを拠点するプライベート・エクイティ・ファームであるオークヒル・キャピタル・パートナーズの創始者。Aerion社の創始者。

ニューヨークを拠点するプライベート・エクイティ・ファームであるオークヒル・キャピタル・パートナーズの創始者ロバート・バスは その12階のアパートを、資本家のデーモン・メザキャパから買い取った。 Damon Mezzacappa: 金融家。

イースト64丁目のセントラルパーク動物園のちょうど通りをはさんで向かいにあるこの「エリート・コープ」は、過去に、 ルパート・マードック :ニューズコーポレイション:(映画、新聞、テレビ、出版、インターネットなどのメディアを傘下におさめる寡占企 業)の会長兼最高経営責任者
チャールズ・チュワブ:チャールズチュワブコーポレイションの創始者・会長 ケイシー・ジョンソン: ジョンソン&ジョンソンの悲劇の直系女子相続人。女優、モデル。 等が住まいにしており、メルドック氏が高額を払いすぎ購入した時の価格4400万ドルは、2005-2008年の間、ニューヨク・コープ取引史上最高値として歴史に残っている。 デベロッパー・ヘイマンプロパティズのラリーヘイマンが3600万ドルでこの834FifthAvenueの中の一室を今年始めに購入しているが、コープ売買取引価格史上トップ20のうち、この834FifthAvenueの中のユニット4室が占めている。 現在マーケットに出されているのは、3/4Cのデュープレックス(2階建て)、2750万ドルの1件。 ★4階:それぞれにフルバスルーム(トイレ、洗面台、バスタブ&シャワー)のついた、3つの大きな寝室。スタッフの為の部屋5室とトイレ2つ、フルバスルームが1つ ★図書室、ギャラリールーム、リビングルーム、ダイニングルーム、キッチン、お食事準備室、ブレックファストルーム、スタッフルームが3室とトイレが3つ、フルバスルームが一つ。

ご興味のある方、住友不動産販売ニューヨークまで、ご一報ください。

23丁目の高層ビル

Image
ここ数年マンハッタンでみられる車道エリアを歩行者エリアに変更する試みにより、タイムズスクエアをはじめ、いたるところで安心して歩けるようになった気がします。
特に23丁目と五番街のコーナーは、テーブルや椅子の配置も余裕があり、のんびりとShake Shackのハンバーガーを頬張るには格好の場所だと思います。(何度か挑戦しましたが、いつも長蛇の列なので、未だに食していません) その位置から真南に目を向けると、真正面にFlatiron Buildingが目に入ります。
今でこそ、その細さばかり強調されますが100年くらい前までは、マンハッタンで一番の高層ビルだったのです。 ビルディングは、二等辺三角形の特徴あるデザインであり、当時のシカゴ派を代表する建築様式で、細部のディテールは素晴らしいものがあります。 設計はダニエル・バ-ナムにより1902年に完成しました。高さは285ft(87m)で、階数は22階建てです。23丁目に面する角は幅2メートル位しかありません。
「スパイダーマン」(2002年度版)で、出版社ビルとして登場しているFlatiron Building 一度じっくりと見てみるのはいかがでしょうか?

Long Island Cityの今後をどのように見るか?

Image
Long Island City はManhattanからQueensboro Bridge を渡ったQueens区に位置し、利便性や安全性の高さから、数多くの日本人が住んでいます。
その中心に位置するQueensboro Plaza駅から徒歩5分くらいのCiti-corpビルに隣接するエリアに、開発ディベロッパーのRockrose社が、42階建ての高層ビル建設に着手しました。
709世帯の賃貸物件があり、平均でStudioが $1,750から3 beds roomで$4,150というラインナップで、マンハッタンに比べ25%くらい割安の価格帯になっています。
周辺は自動車修理工場や食品工場が目立ち、これからいかに利便性や安全性を強調できるかが、今後の大きな課題となりそうです。
ちなみに橋のたもとに位置するSilvercupという看板の建物は現在は撮影スタジオでHBOのSex and Cityなどが収録されたことがあります。また、フォーチュンクッキー の工場があり、1日4百万個のクッキーが生産されています。 この10年でQueensboro Plaza駅をはさんだエリアにホテルやコンドミニアムが多数出来てきており、今後大きく様変わりする可能性は非常に高いと思われます。
マンハッタンまで地下鉄で5分という割には、あまり発展してこなっかたエリアだけに今後の動向に注目したいと思います。

ソーシャルセキュリティーナンバー取得について

本日は、アメリカで生活で必要となるソーシャルセキュリティーナンバー(Social Security Number( 以下SSN))の取得についてです。
SSNとは、日本の年金に相当する米国の社会保障を受給するために米国国民に与えられる番号のことで、労働目的でアメリカに滞在している日本人に必要となります。
また、社会保障の受給目的だけはなく、銀行口座開設や運転免許取得などに必要となり、SSN取得はアメリカ生活で不自由なく生活をおくる大一歩といっても過言ではありません。 もちろん私たち不動産エージェントも米国で不動産を販売、仲介する際に必要な不動産ライセンスを取得する際にもSSNの提示が必要となります。 なぜあらゆるところでSSNが必要となるかというと、アメリカは日本のような戸籍制度が無く、SSNが個人を特定するための番号になるからです。
SSNは、お住まいの住居管轄のSocial Security Officeに行き、申込手続きをします。 管轄のオフィスはhttp://www.socialsecurity.gov/locator から検索することができます。 申込に必要な書類は以下の通りです。
・申請書 (オフィスで取得できます) ・パスポート ・ビザ ・ビザ取得の際に必要となった書類一式
アメリカの公的機関で働く労働者はよく言えば、一般的に非常に緩やかな雰囲気なので 同僚とおしゃべりしながら、ガムをカミカミしながら仕事してます。 ただでさえ、日や時間帯によってはとても長い時間待つことがあるので、 少々の忍耐が必要となってきます。
なるべく待ち時間を短くするためには、朝早い時間に行くことをお勧めします。 申込みから1週間~長くて1ヶ月以上かかり、SSNが郵送で送られてきます。 SSNは非常に重要な書類であり、悪用される恐れもある為、もし住居にドアマンがいなく、郵便物紛失の恐れがある場合は、会社など必ず受け取ることができる場所に郵送してもらうことが良いと思います。 SSNが取得できたら次は、アイディーとしてパスポートに代わるNon-Driver licenseの取得手続きをします。 それでは、私の次回のブログには、Non-Driver licenseの取得について書きたいと思います。
(住友不動産販売ニューヨーク 三橋)