Posts

Showing posts from July, 2010

リノベイションのおすすめ

今回はリノベイションのお話です。

借りた時(買った時)から、なんだか古い金具やドアノブが使われていて、細かい部分がしっくりこない場合、数年住んで、ちょっと気分転換をしたい時など、住み替えをせずに、リノベイトをするのも一案です。例えば、簡単なレベルですと、壁の塗り替えです。通常、バケツに入っているペンキを買ってきてご自分で、または業者さんにお願いして塗り替える事になりますが、想像よりもとっても簡単。1時間足らずの所要時間でで、お部屋全体が見違えるほど明るくなったりします。この時、ブルーや黒などの濃い色にすると、退去時に白色の壁に戻す際に、通常の塗り替え作業工程で対応できない為、オーナーに費用を請求される場合がありますので注意をしましょう。

お次は壁を作る場合。広さはさておき、もう一つ寝室が欲しい、書斎や子供部屋が欲しい、でも、もう一つ部屋数の多い部屋を借りるほどの予算がない、などの場合、ビルディングによっては、ご自分の費用で、アパート内に壁をつけることを許可してくれる場合があります。あまり、素人くさい壁は嫌だなあ、と心配になってしまう方もいらっしゃると思うのですが、そこはプロフェッショナル、もとからあったような、きちんとした壁を作ってもらえます。費用は通常、取り付けに約1000ドル、取り外しに約1000ドル前後と、案外お手頃価格で、手配する事が出来ます。業者さんはビルディングの指定する業者を使用する場合が多いです。

棚やバスルームやキッチンのキャビネットなどは、ホームデポというホームストアやベッドバスビヨンドというお店に行くと、簡単に見つける事が出来、また、ねじ回しなどで簡単に取り付けをする事ができます。ドアノブの部分を変えるだけでも、結構雰囲気が変わるものです。

不景気の中、ポップ界の女王、マドンナがアッパーイーストサイド81丁目に4階建てのタウンハウス・4000万ドルの豪邸を購入しました。

1700万ドルのリノベイション費用をかけて12000スクエアフィート(約1150㎡)の広さにある13室のバスルームと10室のベッドルームを改装、1614スクエアフィート(約150㎡)の新しいフロアを張り、ジムに使用するとの事。やはり大物セレブ、リノベイションのスケールが違いますね。

住友不動産販売NYでは、お部屋探しを含め、経験豊富なベテランのエージェントが、住宅に関する総合的なアドバイ…