Posts

【ニューヨーク不動産最前線】 世界のアールデコ界の首都

Image
【ニューヨーク不動産最前線】 世界のアールデコ界の首都
先週、私のアパートが入っているビルでまたドラマ撮影がありました。夕方ビルに帰ってみると、狭いロビーに50〜60人の役者さんや撮影隊が集まっていて、さらに照明がロビーをガンガン照らしていて、前もって聞かされてはいましたが、一瞬「どこ?」と思ってしまいました。 ニューヨークでは、しょっちゅういろんな所で映画やドラマの撮影をしていますが、実は建物の中での撮影を許可しているビルは少ないのです。セキュリティの問題があるので、不特定多数の人が出入りするのは危険だし、住民の迷惑にもなるので、ボードの許可が下りないからです。 私たちのビルは、ボードプレジデントが(自称)俳優だということもあり、かなりこういうことには寛大です。もちろん、建物使用料が入るのでビルの収入にもなるし、うちのビルでは住人も大っぴらに反対する人はいません。でもそれだけではないようです。先週は設定が70年代のドラマだったそうで、俳優たちのいでたちがどうもレトロな感じがしたのですが、それがこのビルの雰囲気ととてもマッチしていました。 私たちのビルは築88年のPre-Warビルで、かつアールデコ様式なので、今回の撮影にはぴったりだったのかもしれません。アールデコとは1920年代、30年代に流行し、直線的な幾何学模様のデザインが特徴の様式です。私のように特に建築の専門家でなくとも、一度見れば記憶に残る、単純かつ美しいデザインです。
そういえば前から思っていたのですが、ニューヨークってアールデコ様式のビルがとても多いです。思いつくだけでも、クライスラービル、エンパイアステートビル、ロックフェラーセンター、ラジオシティ(劇場)などなど。町を移動していても、有名なビルもそうでないものも、住宅ビル・商業ビルを問わず、あらゆるところにアールデコの建物があります。もちろん内装もアールデコです。 そう思って少しネットで見てみると、ニューヨークは「世界のアールデコ界の首都」だそうです(参考:https://artdeco.org/what-is-art-deco/artdeconyc)。その少し前に流行したアールヌーボーの曲線的で繊細な様式に比べて、直線的で男性的な感じのするアールデコは、20世紀初めに摩天楼の建設ラッシュだったニューヨークの発展と力強さのシンボルだったのかもしれ…

マンハッタンでは日本の食材をどこで買う?!

Image
寒気も少しずつゆるみ、春の陽気になってきましたね!
これからマンハッタンに駐在員としてこられる方、観光でこられる方がたくさんいらっしゃると思います。長期でご滞在される際に恋しくなる日本食、どこで購入できるか気になる方も多いのではないでしょうか?
日本食材が購入できる、マンハッタン内の日系スーパーについてご紹介します。

①KATAGIRI「片桐」
1907年に初めてNYで創業した日系スーパーの片桐は、新鮮な魚が手に入ることで有名です。
他の日系スーパーよりも少し割高ではありますが、身がしっかりした美味しい魚が手に入ります。
また、肉や野菜も新鮮で、定期的に新商品のフェアをしています。
店内は日本のスーパーらしく清潔感があり通路も広めで、お子様連れでもお買い物しやすいかと思います。
ミッドタウン店では、「おむすび権兵衛」の美味しいおにぎりもオススメです!


②SUNRISE MART「サンライズマート」
お菓子やお弁当の種類が豊富です!品数はどこよりも多いですが、通路が狭くぎっしり並べられている為、少し買い物し辛いこともあります。
ミッドタウン店が一番広く、店内にはいってすぐキッチンがありお弁当などをその場で作っています。お弁当以外にも、うどんなどを注文して2階のイートインスペースで食べることが出来ます。
また、お茶碗やお椀などの日本の食器も購入することが出来ます。




③DAINOBU「ダイノブ」
日本のスーパーのような、小さめのお惣菜が充実しています。日系スーパーの中でも、私はこちらのお弁当が一番美味しく感じます!
また、鈴木ファームの美味しい野菜を購入することが出来ます。
週末の冷凍セールや月に一度のニコニコセールでは、日本価格に近い値段で購入できる商品もあります。


どの日系スーパーも、日本人はもちろんニューヨーカーにも人気があるため、大勢のお客さんで賑わっています。特に、食事時はお弁当を購入するお客さんで長蛇の列ができます。
昨年はブルックリンにジャパンヴィレッジも出来て、より日本の食材が手に入りやすくなって嬉しいですね!
日本の食材がほしい時には、ぜひお近くの日系スーパーに足を運んでみてください。


①KATAGIRI「片桐」
http://katagiri.com/
②SUNRISE MART「サンライズマート」
http://sunrisemart-ny.com/

- 超高級コンドミニアムの「35ハドソン・ヤード」が来週(3/15~)から販売開始 - 

Image
「アップル」がオフィスとリテールスペース入居交渉中と先月話題になったハドソン・ヤードが、ついに来週3/15(水)にオープンです。場所はマンハッタンの西側、33rd Streetと11 Avenueです。もちろんおしゃれなレストランがずらっと揃っていますが、個人的には、高級デパートの「ニーマン・マーカス」に行けるのが楽しみです。

そのハドソン・ヤードに建設中の超高級コンドミニアムの「35ハドソン・ヤード」が来週3/15(水)より販売開始になるそうです。92階建てビルには、コンドミニアムが53階以上より143戸、販売価格は$5M~です。20年の421a Tax abatement付です。 ハドソン・リバーとマンハッタン・スカイラインのパノラマビューがEnjoyできるのではないでしょうか。

尚、下層階には、スポーツクラブのEquinoxが運営する200室以上あるホテル(2019年6月予定)が入ります。



ハドソン・ヤードのホームページ:www.hudsonyardsnewyork.com
35ハドソン・ヤードのホームページ:www.35hudsonyards.com

物件の内覧をご希望の方、土屋(tsuchiya@sumitomo-ny.com)までご連絡ください。

日本店オープンで話題のスターバックスリザーブロースタリーStarbucks Reserve Roastery NY店は如何に?!

Image
フレッシュでレアなコーヒー豆を揃え、まるでコーヒー博物館かのようにいろんな体験が期待できる Starbucks Reserve Roastety ニューヨーク店は、2018年12月に何かと話題のチェルシー/ミートパッキング・ディストリクトにオープンしています。
東京店と比較してみるのも面白いかもしれませんね!


Last year on December 14, the coffee giant Starbucks opened the forth Reserve Roastery in Chelsea, Manhattan that attracted tons of tourists and locals to visit. This 23,000-square-foot spot features global artisan coffee beans selections and upscale, eye-catching interior design, becoming a new landmark in this neighborhood.




What’s special in Starbucks Reserve Roastery? As soon as you walk into the store, you will soon realize this is not just an average coffee store. A fresh smell of coffee bean comes from giant gleaming roasters where beans are ground and brewed. At the roasting area, you can spot the entire process of coffee production, from raw coffee beans to a cup of coffee. Next to roasting area, the Main Bar and Experience Bar serve from handcraft coffee with different brew methods, to Starbuck’s special creation of bever…

- アマゾン&ニューヨーク&ロングアイランドシティ(LIC)-

Image
アマゾン第2本社建設計画が白紙になり、税の優遇措置が地元住民に受け入れられなかったのが主な理由といわれていて、後味の悪い結果になってから2週間が過ぎたところ、今朝の「ニューヨーク・タイムズ」で、アンドリュー・クオモニューヨーク州知事が「オープンレター」を掲載しアマゾンへ本腰を入れて再アプローチをしています。もともとはニューヨーク州と市が提案したAmazon HQ2 RFP RESPONSEにより、238の提案書の中からロングアイランドシティ(LIC)がアマゾンに選ばれたのであって(税の優遇措置を除いても)それにはニューヨークの街の魅力があったからだと思います。ニューヨーク好きとしては、ベタですが、ニューヨークの街の魅力についてAmazon HQ2 RFP RESPONSEからいくつか(抜粋)ご紹介します。
このRFP RESPONSEの構成は、クオモNY州知事の挨拶のあと、Executive Summary と題しニューヨークメトロを紹介し、ビル・デ・ブラシオNY市長の挨拶が続き、Urban Optionとしてニューヨークシティ(ミッドタウン・ウエスト/ロングアイランドシティ/ブルックリンテックトライアングル/ローワーマンハッタン/ガバナーズアイランド)、Suburban Optionsとしてロングアイランドとローワーハドソンバレーのサイト候補を列挙しています。
ニューヨークメトロとは… Tech workforce(技術系労働人口)は2010年より19%UPし、2017年のNew York (NY-NJ-PA Metro)における人口数は296,263(2017年)と他の地域とくらべ最大級アプリ開発者の時間当たり賃金(中間値)が$51.46と、サンノゼの$62.31と比べて優位性がある主要3空港(JFK/LGA/EWR)による交通の利便性200以上の言語が話され、また居住者の29.3%が外国生まれの多様性ある社会クリエイティビティとカルチャーの中心地映画やTV業界のリーダー的存在2000年以降92,000以上のパテントを取得、NY州は東部で大学部門の研究開発#1
ニューヨークシティとは… 人口は8.5百万人以上、その内150カ国からの移民が3.3百万人、ニューヨークシティメトロには、H-1Bビザ保有者がどの地域よりも多い。2.3百万人以上の人がBAもしくはそれ以…

【ニューヨーク不動産最前線】 不動産エージェントの事情

Image
【ニューヨーク不動産最前線】 不動産エージェントの事情 賃貸、売買に関わらず家探しをする時、みなさんは不動産エージェントに依頼されると思います。今回は、この不動産エージェントについてのお話です。最近では、自分の専用エージェントを決めなくてもネットで物件が簡単に検索できます。ですが、売主、貸主には不動産エージェントがついているため、結果的には何らかの形でお客さんは不動産エージェントと関わることになります。 エージェントの資格は州の認定です。基本的に州のテストに合格すればライセンスが取得できますが、これは永久資格ではありません。ライセンス維持のためには、2年ごとに22.5時間の講習(Continuing Education)を受けて更新が必要です。私はNYCで20年以上不動産ブローカーをやっていますが、あっという間に2年が経って、その都度講習を受けてきました。実は今まさに講習を受け終わって、州にライセンス更新の申請を出したところです。毎度ながら、講習が終わると肩の荷が下りた感じでホッとします。 余談ですが、Continuing Educationはオンラインで受講できます。私もライセンスを取ったばかりの頃は、その都度学校に行ってクラスを受けていましたが、22.5時間というとまるまる3日間クラスに缶詰になり、結構仕事にも支障が出ていました。しかし、オンラインになってからは自分で時間を選んで受講できるので、とても助かっています。途中で中断しても、またいつでも始められるし、受講料もクラスに出るのに比べて格段に安いです。 2種類ある不動産エージェント
さて、不動産エージェントには2種類あり、今回はその違いについてお話ししたいと思います。不動産エージェントの資格には、セールスパーソンとブローカーの2種類があります。ライセンスは州によって違いますが、ニューヨーク州の場合は、セールスパーソンになるために州の試験にパスすることが必要です。まずは専門の学校(もしくは大学の不動産エージェントコース)で講習を75時間受けます。講習の最後に学校のテストがあり、それにパスすれば、次に州のテストを受けられます。州の試験に合格すれば、晴れてライセンスが送られてきます。 でも、セールスパーソンの場合は、いきなり営業活動ができるわけではなく、必ずライセンスをどこかの不動産会社に登録することが必要です。登…

Amazon.comレジなし食品店Amazon Goをクライスラービル内に

Image
Amazon.comはマンハッタンで最も美しいビルとして知られるクライスラービル内に、レジの無い店「アマゾン・ゴー(Amazon Go)」を開店する見通しになったとのこと。 Downtownの「ワン・ワールド・トレード・センター(One World Trade Center)」近くの商業施設にも出店する計画とか。 Amazon Go acquires lease in Chrysler Building in NYC Amazon.com Inc. has reached a deal for space in the iconic Chrysler Building in Manhattan, people familiar with the matter said Saturday. The lease is for Amazon Go, the Seattle-based e-commerce behemoth's cashierless convenience store, the people told Kyodo News. Amazon declined to comment. Earlier this week, the New York Post reported that Amazon was closing in on a lease in the Chrysler Building for a store with a space of about 10,000 square feet (about 930 square meters). According to U.S. media reports from last year, Amazon had plans to open a cashierless store in Brookfield Place, a shopping mall across the street from One World Trade Center that attracts heavy foot traffic including many tourists. Amazon Go debuted its first store in Seattle last January. Now it h…